消費者金融と銀行カードローンの違いについて

あなたが、何らかの事情で急にお金が必要になり、借り入れを検討したとします。どこで借り入れたら良いのでしょうか?意外にわからないものですよね?いざという時のために、現金を借り入れられるカードを1枚用意しておくこともできるかもしれません。消費者金融と銀行カードローンについて説明します。今後の参考になればと思います。

総量規制について

消費者金融と銀行カードローンの大きな違い、それは総量規制があるかないかという点です。総量規制とは、貸金業法で定められた借り入れの合計金額が年収の3分の1を超えないように規制する法律のことです。この総量規制の導入により、多額の借り入れができなくなりました。しかし、総量規制は消費者金融のみの対象で、銀行カードローンは銀行法が適用されるので、総量規制の対象外となっています。ですから、消費者金融では借り入れできなかったという方でも、銀行カードローンなら借り入れが可能になることがあります。

審査、在籍確認について

消費者金融は、金利が高い分、審査は通りやすいと言われています。銀行カードローンは金利が低い分、審査は厳しいようです。在籍確認は、会社名ではなく個人名で会社に電話かかかってきて、本当に契約書の内容通り勤務しているか確認することです。銀行カードローンでは、必ず在籍確認がとられますが、消費者金融では社員証明書、健康保険証などの書類で在籍確認を認めてくれる場合があります。いずれにしても、借り入れを申し込む際に、確認しておかれると良いでしょう。

消費者金融も、銀行カードローンも、すべて契約内容が同じというわけではありません。一番良いと思えるところから順に検討されることをおすすめします。

http://www.netsuus.com/

Walter